青空ネット    
































Toppa!WiMAX



みどりむしバイオザイム














(制作・プランニングネット

☆ビワキュー種子島あきやま療法院  安納芋格安→


「ビワキュー種子島あきやま療法院」日本ビワ温圧療法師会会員
 営業・AM9:00-PM7:00(日曜-休) Tel 0997-27-3267 
 891-3604 鹿児島県熊毛郡中種子町油久(油久小学校前)
 

※ビワキューは「熱くない」「痛くない」「爽快」
疲労回復 ・血行をよくする ・胃腸のはたらきを活発にする ・コリをほぐす ・筋肉の疲れをとる・冷えからくる様々な症状を緩和します。
※施術療法(カウンセリング療法・調息療法・温圧療法・食餌療法・環境行動療法)・詳細は→→日本ビワ温圧療法師会


※ビワの葉療法の歴史
ビワの葉を使った療法は、今から1500年ほど前に中国の僧医によって日本に伝えられました。
当時、病に苦しむ人々の為に光明皇后が天平二年(730年)に「施薬院」(現在の病院の原型)を創設され、救済のためにビワ葉療法が用いられました。
また、施薬院でのビワ療法と前後して全国のお寺にもビワ療法が広まり、僧侶が寺の境内にビワの木を植えて村人にビワ葉療法を行い、その効果に絶大な信頼がよせられました。

  
※秋山公二 (2011H23.1.4中日新聞座標変換掲載より抜粋)
花形ラクビー人生を送った・・・23歳以下の日本代表にもなった。
引退後は仕事で完全燃焼しようと決めていた。「それが仕事は数字の帳尻あわせ。とても子どもに誇れない」秋山公二(37)は4年前まで東芝の本社に勤務
・・・良くも悪くもまっすぐすぎる性格。もやもやは消えなかった。・・・大学の同級生麻子(38)と結婚、男児二人に恵まれた。年収800万円は目前。でも数字を扱うのは苦手。人を相手にした仕事をしたい。
・・「会社から降りるのも人生。収入が減っても幸せは見つけられる」。会社に感謝しつつも腹をくくった。・・自然の中で子育てもしたい。
・・2007年2月、鹿児島・種子島に移住し、08年にビワの葉を使ったお灸の療法院を開業。人の役に立てて心地いい。「子どもにも胸を張れる」月収は多くて15万円、少ないと10万円を切る。でも近所の人が食べ物を差し入れてくれるなど収支は安定してきた。
会社が求める右肩上がりの成長から離れ、ダウンシフト(減速)したら楽になった。
・・「人の縁で何とかなるという心の安定を得た」
H23.8月種子島で第3子、待望の女の子が誕生いたしました。小さな幸せです。
      激安通販サイトイーグルアイショッピング

inserted by FC2 system